溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

画像認識による食事管理アプリを比較してみた

travel.spot-app.jp この記事で、食事の写真をAIによる画像認識で、メニューを判別し、カロリーや摂取栄養素を求めるアプリがあることを知ったので、2つほどダウンロードして試してみることにした。

試してみたのは、記事にあるカロリーママとあすけんである。 caloriemama.net

www.asken.jp

基本機能や無料・有料の違いはあるが、とりあえず同じ食事の写真を撮影し、画像認識の精度を比較してみた。

メインは焼き鯖、小鉢はアサリ、サラダはオクラ、水菜、人参、レタス、コーン、ズッキーニである。 あすけんの方は、小鉢を白身魚のホイル焼きと勘違いしているが、その他はまずまずと言ったところ。一方、カロリーママはメニューの誤認識が目立つ。 ただ、どちらもサラダの構成までは区別せず、単にサラダと認識するのみであり、どういうサラダはユーザーに選ばせるようである。 ざっくりした判別にしか使えなさそうである。

ただ、どちらのアプリも共通なのだが、一般的なメニューしか判別ができず、例えば以下のような写真はメニューがわからないようであった。 また、山芋とろろも認識できていない。ご飯は麦飯なのだけど、これも普通の白米と認識している。サービスとして運用するには学習が足りないのではないか。

これらのアプリはコンビニなどの商品名からメニューを選ばせる機能もあるが、これもあすけんの方が候補商品が多く登録されていた。ファミリーマートで買ったものだが、カロリーママはファミリーマートの商品自体が登録されていなかった。

機能面で言えば、管理栄養士からのアドバイスや画像認識によるメニュー判定はあすけんは有料(月300円)、カロリーママは無料、ただしあすけんはiOSのヘルスケアと連携し、摂取カロリーや栄養素を登録することができる。

機能面ではあすけんが優秀だけれど、それでも食材の判別制度は低いので、有料サービスを使うほどの優位性はないと思われるので、ざっくりした管理でいいと思う人には写真を送ってアドバイスをくれるカロリーママの方が楽しいと思う。

カロリーや栄養素を厳密に管理したい人にとっては、現状では画像認識は使い物にならず、結局、食材単位で記録していくより他ないので、あすけんの無料機能やUnder armourのmyfitnesspalなどを使う他ない。

www.myfitnesspal.com

メインバンクを新生銀行から三菱UFJ銀行に変えた

名古屋に引っ越す以前に、入院していた頃にメインバンクを新生銀行に変えた。都市銀行セブン銀行からのATM出金の手数料が無料だったことや、振込が月5回まで手数料無料だったことがその理由であった。海外旅行をするときでもPLUSのATMでキャッシングができた。振込手数料無料はその後月1回に減ったものの、ATMに関しては、セブン銀行だけでなくローソン、ファミリーマート、イオンでも無料になり、サークルKサンクスゼロバンクファミリーマートのゆうちょ銀行に変わったので、ほぼ全てのコンビニATMで365日24時間手数料無料で出金ができるという理想の金融機関であった。

しかし、業績が伸び悩んでいるニュースは目にしていたので、永久に続かないであろうと思っていたこのサービスも、ついに10月で終了する。 www.shinseibank.com

ゴールドになれば、ATM出金手数料無料になるところだが、この条件を満たすほど、この銀行にお金を置いておくつもりはないので、メインバンクを変えることにした。 www.shinseibank.com

メインバンクの基準は、自分の生活範囲内で、無理なく手数料無料でATM出金しやすいこと。 コンビニで月数回までATM出勤手数料無料という銀行もあるにはあるのだけど、いちいち回数を気にしたくないので、コンビニを使わず銀行のATMを8:00〜21:00の時間帯で平休日関係なく手数料無料で出金できる三菱UFJに変えることにした。

三菱UFJ県民共済ビックカメラSUICAカードの口座引き落とし用に作った口座であったが、その後、現在住んでいるマンションの管理費の引き落としや、返済中の奨学金の引き落とし、資格試験の受験料振り込みなどもこれで行っていたので、何かにつけてよく使っていた口座である。改めてATMを見直してみると、職場からは三菱UFJ銀行の支店が歩いて5分ほどであるし、その中間にもUFJニコスのオフィス内のATMがある。また、家の近くにも徒歩5分とかからないところにATMがある。家と職場との間にもかなりATMがあるので、コンビニを使わなくてもお金を下ろすに不便はしなさそうである。

コンビニATMが有料というのは痛いところであるが、そもそも使わない方が無駄な手数料を払わなくて済む。もともと、身体認証つきのICキャッシュカードにしているのでコンビニ使えないし。ちなみにICキャッシュカードはクレジット機能もあるので、財布に入れていたクレジットカードもキャッシュカードに統合したことで、財布の中からカードが1枚減った。コンビニATMが使えないことが今後、どういう影響があるかはわからないけれど、本格的に困るのは、名古屋以外の場所に行ったときだろう。その時は、出発前に現金を用意しておく必要がありそうだ。

Apple Watchをつけてmanacaを解約した

誕生日祝いで相方にApple Watchを買ってもらった。
www.apple.com

15年ぶりに腕時計をつける。
腕に何かつけるのがもともと好きではなかった。
左右のバランスが狂うのが嫌で、これまでほとんど時計をしてこなかった。
昔、持っていたセイコークロノグラフがやたらと重かったせい。
時間を気にして行動することもないし、携帯電話を見れば時間はわかるし、街を歩けばどこかしらに時計はあるので、腕時計の必要性も感じてなかった。


では、いまさら、なぜ腕時計を。


目当ては、活動量計電子マネー


活動量計では歩数や距離、ペースのほか、心拍数が計測できる。iPhoneと連動する体重計、体脂肪計と合わせて、ヘルスケアアプリで管理できる。
Apple Watchが活動を促してくれるので、つけて以来、自転車に乗ることがめっきり減り、やたらと歩くようになった。


WalletはモバイルSuicaが目当て。会社の携帯につけていたモバイルSuicaApple Watchに切り替えた。合わせて、Apple Payに登録できるクレジットカード3枚を登録したことで、iD、Quicpay楽天Edyが使えるようになった。4種類の電子マネーが使えるようになったので、電子マネー支払ができるお店ではほぼ対応できるだろう。WAONしか受け付けてくれない吉野家だけが困るけど、そもそも牛丼はほとんど食べに行ってない。チャージの必要があるモバイルSuica楽天EdyApple WatchiPhoneでチャージができるので、財布を持たなくても外出ができる。それまでメインで使っていたクレジットカードは1.25%しかポイントがつかない*1のに対して、モバイルSuicaで、僕の場合はビックカメラSuicaカードでチャージをしているので、チャージの度に1.5%のポイントが貯まる。だから、できる支払は全てモバイルSuicaに振っている。


コンビニに行くのに財布を持っていかなくなった。
電車もバスもタクシー(名古屋では名鉄タクシーのみ)もApple Watchで乗れるようになった。ただ、manacaポイントがつく電車、バスだけはポイント還元率が高いmanacaを使う。


Apple Watchで新着メールの通知やスケジュールの通知もしてくれるので、iPhoneを見る回数が減った。そのためSNSを見る回数が減っている。
Apple Watchを使うことで、周囲と繋がるよりも自分(の体型)を見つめ直す機会の方が増えている。
思った以上に、Apple Watchで生活が変わった。


なお、Apple WatchWifiモデルである。Cellularモデルはレビューを見ると、あまり評価が高くないこと。iPhoneを持たないときの用途である、支払と活動量計としての機能はオフラインでも可能であること、Cellularモデルは3大キャリアでしか使えないこと、もあってCellularモデルは必要なければ、買っても意味がないことがわかったからである。Wifiモデルで不便なことはない。

manacaが出始めた頃に、manacaのポイント還元の仕組みがどうなっているかについて記事を書いたことがある。
d.hatena.ne.jp


おかげさまで、そこそこ読まれたが、昨年夏に職場が大須に引っ越して、通勤距離が2.5kmになったことで電車に乗る機会が激減した。manacaは1ヶ月あたり2000円分の乗車を、平日朝夕もしくは平日日中・土日祝終日のいずれかで達成しなければポイントはつかない。僕の場合は、年や時期によって電車に乗る回数は変わるけれど、少なくとも通勤で電車に乗ることが週1回あるかないかに減ってしまった上、平日日中・土日祝終日は不定期なので、狙って貯まるものでもない。そこで、先日、manacaを使い切って返却し、モバイルSuicaに一本化した。ついでに名古屋に来る前に持っていたJR西日本ICOCAも、2月に姫路に遊びに行った際に使い切って返却した。


財布から1枚カードがなくなってちょっとスッキリした。


あとは、楽天EdyApple Watchで使えるようになるといいのだけど、ここに書かれている方法はできなかった。「アプリをインストールと起動したら、「Apple Payをはじめる」をタップします。」と書いてあるけど、「Apple Payをはじめる」というメニューが出ない。iPhone自体がApple Payに対応していないせいだろうか。
kuchikomi0.com

*1:金利ですからしょうがないよね

Google Mapsの経路検索を信用して失敗する

藤枝出張の帰り道を検索したところ、出張先から600mほど離れたバス停から20分後に出発するバスに乗れという検索結果が出た。 仮にタクシーを使ったとして、いつ帰社できるかを藤枝駅から検索すると、バスに乗るよりも1本前の新幹線に乗れるので、30分早く着くという結果が出た。

出張先の前の路上(そこそこ大きな道路)で空車のタクシーが来るのを2〜3分待っていたところ、タクシーが通る気配がないので、とりあえずバス停まで歩いて、その途中でタクシーが捕まれば乗ろうと思って歩き始めた。

そうすると、バス停まであと200mぐらいのところで、駅へ行くバスが通り過ぎるのが見えた。急げば1本前のバスに乗れたのかと思っていると、バス停の手前で空車のタクシーが来た。ここでタクシーに乗れば、1本前の新幹線にギリギリ間に合うかというところだったのだけど、乗れなかったときにバスに乗った場合の同じ電車になるのは、タクシー代の無駄遣いになるので、タクシーを見送った。

バス停に着いて時刻表を見ると、どうやらバスが10分遅れているようだった。次のバスも同じぐらいの時間遅れているとすると、予定している電車に乗れるかどうか微妙な時間になる。タクシーが来たら今度こそ乗ろうと思うが、結局、タクシーは来ず、10分以上遅れてやって来たバスに乗った。

藤枝駅に着いて、運賃を支払うために並んでいる間に、改めて時間を検索すると、25分後に出る電車で浜松乗り換えで行けという結果になった。最初の検索結果よりも30分遅く帰社する時間である。コーヒーを買ってホームで仕事しながら電車を待とうかと思って、取りあえず改札に着いたら、当初乗る予定だった電車の時刻表示が点滅していた。もう来ているのか、間に合わないなと思って、コーヒーを買いに行こうかと思っていたところ、1分ほどしてから階段で人が上がって来た。どうやら点滅していたのは電車の接近表示で、急いでホームに降りていれば間に合ったのだ。

またも電車を逃した結果、一階のドトールで今日2杯目のコーヒーを買って、ホームで20分ほど電車を待つことになった。今は、浜松へ向かう普通電車の中。藤枝から1時間ほどかけて浜松まで行くことになってしまった。Google Mapsはバスの時刻まで含めて経路検索をしてくれるけれど、混雑している道路を通るバスは、時刻の信頼性が低いので、Google Mapsを信用してしまうと、結果として電車を逃す結果になる。

バスを使った経路の場合は、どういう時間であろうと、取りあえずバス停に向かう、乗り換えでは取りあえず駅へ向かう、目当てのホームに行くということが重要である。

藤枝の客先からバスで駅まで行こうとするときは、毎回、これで失敗する。今度こそ、と思ったけど、今日で、藤枝に行くのはおしまい。


浜松で新幹線を20分待つ。なかなか時間のロスが大きい。 ちなみに現在、東海道線が名古屋から豊橋で運転見合わせだそうな。刈谷で勤務してる人は帰るのが大変だろうな。 いまは触車というようで。

今日の日経ほかいろいろ

教えて!訪日中国人、春節「コト消費」楽しむ、口コミで行き先絞る。

兵庫県有馬温泉や神戸の異人館など定番の観光地にも期待する一方、日本人が普段行くような店に関心を持つ。

これは日本人である僕も同様であり、海外を旅行するときには、現地の人が普段食べに行く現地料理のお店に行く。日本で食べられるものは、現地では食べない。国内旅行でも同様であり、名古屋で食べられるものをわざわざ旅行してまで食べるつもりはない。

新規就農支援、きめ細かく、道内自治体や農業団体、技術伝授や実習の場用意。

新規就農を後押ししようと、自治体や農業団体が支援策に力を入れている。少子高齢化に加えて、他産業への人材流出など農業の担い手不足は深刻だ。技術習得や施設取得をきめ細かく支援、これまで農業に縁のなかった若い世代の取り込みに知恵を絞っている。

「思った以上に大変だがやりがいがある」

道によると16年の道内新規就農者数は566人。厳しい仕事を継がせたくないという親の意思もあり、農家出身の就農者は減少しているが、農家出身ではない新規参入者は14年以降3年連続で100人を超えた。

これだけ見ると、やりがい搾取にしか見えない。
新規就農者を増やす前に、現在の就農者の仕事がなぜ厳しいのかを分析し、その厳しさを取り除くための技術開発や支援が必要である。そうしなければ、最終的には新規就農者の撤退を招くだろう。

中央ビルメンテナンス、バスの車内清掃ロボ開発、人手不足・高齢化に対応、北海道科学大と連携。

こういうところにも省力化ができるのか。メンテナンスも含めてバスの自動化ができると地域公共交通が変わってくるかもしれない。

5G通信の超爆速社会ではスマホが不要になる」は本当か

「5G通信の超爆速社会ではスマホが不要になる」は本当か(小林 啓倫) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
5Gでクラウド上のAIにつながった端末がいたるところにあれば、そこから情報を出し入れすれば良いし、複雑な処理はAI側でやってくれる。指紋や顔などで個人を認証し、一人ひとりに合わせて情報を加工・提供することも十分に可能だ。そうなれば、わざわざかさばる端末を持ち運ぶ必要はなくなる。

認証で取り出せても、後ろから見られたら意味が無いので、個人情報や会社の情報を閲覧するパーソナルな端末は必要だと思うし、それさえあれば済むと思う。

Draftsight2018のコマンドウィンドウ

メインウィンドウから独立している。メインウィンドウの中に戻せないのかな。
ディスプレイが2枚あるからサブディスプレイでコマンドウィンドウを表示させれば、実害はないどころか、メインウィンドウの作業領域が広がるからいいんだけど、メインが23インチ、サブが21インチなので、2枚のディスプレイの間で首を動かすのが面倒。

Office365

この話
tessy3.hateblo.jp

職場のOffice2007がサポート終了につき、僕がテスターとしてOffice365を導入したので、OnenoteがPCでも使えるようになった。
しかし、Evernoteの代わりにOnenoteを使うのは、使い勝手の点でどうも問題がありそうである。

  • タグではなくフォルダ管理のため、複数タグをつけた記事の移行はしづらい
  • Webキャプチャーが画像になるので、可読性が低い

メモとしても、OnenoteからWordへのコンバートは結構、めんどくさそうだし、そもそもWordで最初から書けばいいというのもある。結果、Onenoteは使わず、仕事関係のWebスクラップとして、Evernoteを使い続けることになりそう。PDFはEvernoteに保管するのではなく、ストレージに保存して、Onedriveにアップロードすることになる。


今、Onedriveが出てきたけど、そもそもEvernoteはバックアップが取れる保管庫として使おうと思って、ドキュメントを保存していたけど、ストレージとして使うには以下の問題がある。

  • 保存する度にEvernoteアプリで同期するので、非常に動作が遅くなる。
  • Evernoteアプリは記事数8000程度でも非常に動作が遅い。
  • Evernoteに保存できるノートのサイズは200MBが上限なので、それ以上の大きさのファイルが保存できない。
  • 別のファイルにリンクを張っているExcelやWordが連動できない。

無制限に履歴を追える機能は欲しかったものの、仕事で使うには不都合が多すぎた。オンラインストレージとしては、バックグラウンドで同期するDropboxやBOXのようなタイプの方が便利である。


そこで、Onedriveである。


Office365を使うことで、Onedriveで1TBのオンラインストレージがついてきた。今の会社に入ってからの全データがおよそ400GBほどあるので、これを全てOnedriveに保存して、どこでも取り出せるようにした。また、Office365ではOnedrive上のファイルを直接編集できるので、自宅のPCなど、ローカルにデータを保存していないPCでも編集ができるようになった。履歴を1ヶ月しか遡れないのは残念だけど、大抵の場合、更新版の別ファイルを作ることが多いので、同じファイルで1ヶ月以上前の状態に戻したいというケースはないから実害はない。


Offce365が入ったことで、自宅のPCにもOffce365を入れることができるようになったが、自宅はOffice2016を購入している。まだ2年も経っていないので購入代金の元はとれなかった。残念だが、これは結果論。まあ、相方のiMacにOffice2016が残っているので、完全に元が取れなかったという訳ではないけど。

さて、これでEvernoteプレミアムを解約できるかなと思ったが、Webスクラップと日経テレコン21での日経新聞のスクラップでベーシック会員の月60MB以内に納まるかどうか。