読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

Kindle Paperwhiteを買いました

誕生日を迎えたので、自分へのご褒美として、Kindle Paperwhiteを買いました。

なぜ買ったのか

5インチディスプレイのスマートフォンと、8.9インチディスプレイのiPadでもKindleのアプリを入れて本を読めるのに、なぜKindle Paperwhiteを買ったのか?


それは、目にやさしい端末が欲しかったから


スマートフォンSNSをするときは、続けて画面を見るのは長くても2分ぐらいですが、読書をするとなると短くても10分、長いと2時間ぐらい画面を見続けます。そうなると、液晶のバックライトでは疲れてくるんですよ。
だから、E-inkを使って目に優しいと言われる6インチディスプレイのKindle Paperwhiteを買ったわけです。

何に使っているか。

主に3つの使い方をしています。

読書

本来の使い方です。見やすい上、6インチの画面サイズは文庫本サイズなので、一目でだいたい内容がわかるので、読書がはかどります。(iPadでは画面が大きすぎて、視線移動が面倒です)。ちょっとした時間で本が読めるので重宝しています。枕元で読書をするときでもスマートフォンほど光らないので、読みやすいです。

Webで気になった記事を読む

Webを見ていて気になった記事を、Chrome拡張機能であるSend to Kindleを使って、Kindleに送って読んでいます。以前は、Pocketに保存して、スマートフォンやパソコン上で読んでいましたが、これをKindleに変えました。カラー表示はないですが、読みたいのはほとんど文章なので、Kindleで十分です。写真をカラーで見たければ、改めてiPadかパソコンで見ます。

スマートフォンiPadからはこの拡張機能は使えませんが、Instapaper経由でKindleに送ることもできますね。

この他、en2kindleというサービスを使って、PocketやEvernoteに保存した記事をKindleに送ろうとしているのですが、うまく作動してくれないようです。

新聞を読む

WebやPDFを電子書籍形式に変換するオープンソースcalibreというソフトを使ってWeb版の新聞を電子書籍形式に変換して読んでいます。そもそもは、PDFファイルを電子書籍形式に変換したかったのですが、このソフトを使って変換してUSBケーブルを使ってKindleにコピーしても、Kindleで購入履歴がないという理由で開けないようなのです。しかしながら、RSS経由でウェブデータを持ってきて電子書籍に変換できるようで、これを使って英字新聞を読んでいます。

買ってどうだったか

今まではスマートフォンSNSを見ることが多かったのですが、Kindleを買ってからは、Kindleで本や新聞・ネットの記事を読むことが増えました。案外重宝してます。


ちなみに、キャンペーン記事を消す手間が面倒なので、キャンペーンなしのモデルを買いました。いいですよ。

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi