読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

Kindle PaperwhiteでオフラインでWeb記事を読む方法

Kindle  Paperwhite を使って、およそ半月で持ちやすさ、目への優しさなど、便利さをひしひしと感じています。

 
 
本だけでなく、Webもオフラインで読んでみたいと思ったので、いろいろ試してみました。
 

PC のブラウザから

FirefoxChrome を使っている人であれば、Send to kindleFirefox拡張はこちらのリンクChrome拡張はこちらのリンク)でほぼ決まり。ウェブページの記事部分を切り抜いてKindleへ送ってくれます。マウスを使わなくともAlt-Kでも送れます。
 
 
たまに警告がでるページもあるけど、プレビューで確認してからでも送れます。
 
 
次点としてはEvernoteもしくはPocketに保存してから、En2Kindleというサービスを使って送ることもできます。(1週間は無料で使えますが、その後は年間6US$かかります。)
 
このとき、Evernoteの場合は表示されているページをキャプチャーするのでSend  to Kindleと同じような形になります。Kindleで読む場合は簡易版の記事に変換した方がより読みやすくなるかもしれません。
 
 
一方、Pocket については、強力な機能である先読み機能があるのですが、Kindleに送った段階で先読みは行われず、表示されているページのみKindleに送るようです。そのため、Evernote経由の方が便利かも。
 
 
Pocketと同様のあとで読むサービスであるInstapaperは定期的に記事をまとめてKindleに送ってくれるサービスが元々ありますが、pocket のようにページの先読み機能がないので、結局、MaciPad で続きが読まないといけないので、それなら最初からKindleで読まずに、iPad で読めばいいじゃないということになる。
 

スマホ から

ブラウザの拡張が使えないのでPocketもしくはEvernote、Instapaper での保存、転送となるが、どれも先読み機能が働かないので、結局不便。むしろPocketを使って読んだ方が先読みが使えて便利。
 

結論 

Mac からはsend to kindle
スマホからはkindle に送らずpocket で読むのが便利
 
あんまりKindleに記事を送りすぎると、本来の読書まで手が回らないしね。
 
Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック