読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

早朝ランニングの脂肪燃焼効果

こういうのもあった。そう、早朝にジョギングすると、そのあとのちょっとした運動でも脂肪を燃焼するという効果がある。僕の場合なら、自転車で20分ほどかけて出勤するので、その間もより脂肪が使われやすくなる。

早朝ランニングは脂肪燃焼効果が高い

 早朝ランは、市民ランナーにとってもっとも確実にトレーニング時間を確保できる時間帯であるだけでなく、他の時間帯と比べると脂肪燃焼効果が高いという大きなメリットがあります。走った距離が同じであれば、消費カロリー自体に変わりはありませんが、エネルギー源の燃焼比率が変わってきます。これは、食事をとることによって血中のインスリン濃度が時間によって変化することが原因です。
 人間の身体は食事を摂取すると、インスリンが分泌され、エネルギー源としてグルコース(血糖)を利用しやすいとなります。一方、夕食を摂取して8?12時間近く経過している早朝の時間帯は、インスリン濃度が低く、身体は脂肪をエネルギーとして使いやすい状態となっているのです。
 健康的なダイエットの基本は、ただ単純に体重を減らすことではなく、体脂肪を減らすこと。また、現体重が安定していて、ダイエットの必要性を感じないランナーであっても体脂肪を必要以上に身体に蓄えないことは、健康的な生活を維持するためには重要なポイントとなります。つまり、朝のランニングは健康的に痩せるのはもちろん、健康的な身体を維持するにも、非常に適した有効な手段といえるのです。
 さらに、早朝の時間帯にランニングを行うと、その後も代謝が高い状態が続くため、通勤での徒歩や駅の階段の上り下りといった運動でも、より脂肪が使われやすくなります。同じ30分前後のランニングでも、早朝の時間帯に走ることは、ダイエット目的で走っているランナーはもちろん、多くのランナーにメリットをもたらしてくれるのです。

ほう。朝は脂肪燃焼がすぐに始まると!

しかし朝目覚めた時は睡眠でエネルギー源の炭水化物を多く消費しているので、体は走り始めてからすぐに脂肪をエネルギーとして使うのです。だから効果的に体脂肪を燃焼させることができるのです。