読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

日本プロ野球のドラフト制度の問題点

驚きと悔しさが入り交じっていた。菅野は会見中、目を潤ませた。交渉権を獲得したのは、プロを志すきっかけをくれた伯父・原監督が率いる巨人ではなく、指名を予想もしていなかった日本ハムだった。

毎度毎度、こういうことが繰り返されるわけだが、そもそも現在のドラフト制度が悪いのだ。何が悪いかというと、

  • 1巡目が競合する場合はくじ引きで決まる。運任せ
  • ドラフト指名直後に指名選手をトレードすることがないので、有力選手はいったん入団したら(事実上)同じチームにいなければならない。
  • ドラフト指名権をトレードすることができない。(ひょっとすると制度上は可能かもしれないが)

じゃあどうするかというと、ドラフトも人材獲得の手段なのだから普通の選手と同様にトレードできるようにすればいいのだ。

  1. 下位球団(もしくは勝率)からの完全ウェーバー制(この場合、わざと下位になることも考えられるので、下位3球団は抽選順をくじ引きで決めればよい)
  2. ドラフトで獲得した選手の交渉権をトレードすることができる。交渉権だけでなく、次年度の指名権や在籍選手ともトレードができる。金銭トレードも可能
  3. ドラフトの指名権もトレードすることができる。トレードの相手は上記と同様。

まあ、要するにアメリカのドラフト制度に倣えばいいのだ。


こうすれば、巨人が菅野を獲りたければ、他の選手なりと交換するなり、金で買っても、1巡目1位指名権を獲りにいけばいいのです。それが誠意というものですよ。