読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

iPadは僕の仕事では使いものにならない

今日、会社にソフトバンクテレコムの法人営業の人が、iPadのビジネス活用に関する説明に来たので、数合わせのため話を聞いてきた。
とある業界のコンサルタントである僕の仕事では、前々からiPadは仕事では使いものにならないと思っているのだけれど、改めてその思いを強くした。


僕の仕事は大まかに分けて、5つの仕事に分かれる。

  • シナリオを作る
  • データを集める
  • 分析する
  • シナリオと分析結果に基づいて資料を作る
  • プレゼンする


シナリオはたいてい紙の上に手書きする。iPadの手書きアプリでもできなくはないけれど、使いやすさ、一覧性、自由度の点で紙には叶わない。


データ集めと分析の多くはパソコンの出番。分析にはExcelのマクロやプログラミング言語で、計算プログラムを作ることもあるので、iPadは使えない。


資料はWordで作成して、そこにExcelのグラフやPowerpointIllustratorで作った図が挿入される。したがって資料作りにはiPadは使えない。


プレゼンも相手に資料を形として残す必要があるので、紙が必須である。会議によっては相手が10人以上になることもあるので、そもそもiPad1台でプレゼンもできない。


iPadを仕事に使えないかと思って、いくつかアプリを入れてみたけれど、できそうなのはこの程度。

  • メールの送受信
  • スケジュール管理
  • ToDo管理
  • メモ(テキストのベタ打ち)


でも、この程度ならiPhoneの方が便利だと思う。実際、今日のソフトバンクテレコムさんの説明でも、iPhoneの活用とiPadの活用がごっちゃになっていた。


iPhoneではできないけれど、iPadでできることって僕の仕事にはないような気がするんですよ。PDFの閲覧が便利という程度。でも限られた資料なら印刷したものを持っていった方が軽い。


だから、iPadは仕事では使えない。


そもそも、ソフトバンクテレコム説明資料が、紙だった時点で、プレゼンに何の説得力もないもんね。