読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

iPhoneで使えるIP電話の通話料の比較

iPhoneでは3G回線での電話以外に、IP電話を使って通話できるアプリがいくつかあります。固定回線への電話なら、3G回線で30秒につき21円払う(ソフトバンクモバイルホワイトプランの場合)よりも、IP電話を使った方が、安く済むようです。

代表的なアプリとしては、Skype050 plusがありますが、料金体系が違うのでどちらが得か比較しづらいので、ちょっと整理してみました。

表 Skype(プリペイドプラン)と050 plusの国内固定回線への通話比較

Skype(プリペイド) 050 plus
月額使用料 なし 315円
接続料 9.9円 なし
通話料 2.66円/分 8.4円/3分

Skypeの接続料とは、通話時間に関わらず1回の通話ごとに課金される料金です。

仮に1回の通話が3分であると仮定したときの、1ヶ月の通話回数x回に対する1ヶ月の電話代yを求める数式を立てると、以下のようになります。
Skype : y=(2.66*3+9.9)x=17.88x
050 plus : y=8.4x+315
どっちが安いのか、グラフで比較してみると、こうなります。

グラフが交差するところ以下はSkypeの方が安く、それ以上は050 plusが安くなる。この交点を求めると、x=33.2278回、y=594.114円となります。一ヶ月に34回以上電話するなら050 plus、33回以下ならSkypeの方が安くなります。

ぼくの電話は美容院と飲食店の空き状況確認だけで、月数回しか電話しないので、Skypeで十分です。

ちなみに1回の通話が2分だったらこうなります。

050plusがSkypeより安くなるのは、x=46.1877のときで電話料金yは702.977円ですね。


このエントリ、本当はWolfram Alphaでグラフを描いてみたかっただけだったり:-p