読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

IPAで紹介されているクロールの泳ぎ方を実践してみた

一つ前の「クロールの泳ぎ方が間違っていた件」は会社の昼休みの間に5分ぐらいで書いた覚え書きのようなものなのにも関わらず、本人もまったく想定してなかったブクマがつき、困惑している中、あの日、家に帰ってから早速実践してみた。


といっても、1LDKのマンション暮らしに当然プールがあるわけではないので、家から歩いて5分もかからない、行きつけのスポーツクラブで実践してみた。


5つのポイントをそれぞれ検証するとこんな感じ。

上体は常に水面と並行ではなく、腕の動きに合わせて左右に45度回転する

45度まではいきませんが、回ります。

バタ足も水面に直角ではなく、上体の回転に合わせて左右に45度回転する

やってみたけど、腰が回ってしまって、足がなかなか回転しない。足のローリングって結構力が必要。

腕は水中ではC字ではなくS字状にまわす。着水した手はまず外にかきだしてから内に入れる

着水した手をまず外にかくということ自体に腕・肩の筋力を必要とするようで、なかなかうまくいかない。

視線は底面ではなく進行方向を向いている。したがって顔が少し前を向いている。

これは問題なくできる。ただ、上体が沈んでしまうように見える。

息継ぎは奇数回に1回、つまり左右交互に行うことでカラダのブレをなくす

ダメ。僕の場合、右に息継ぎするときにカラダが沈んでしまう。もっと練習が必要か。

結論

体力と練習が必要。


 ゆっくり長く泳げるようになるために、泳ぎ方を調べたけれど、習得するには時間がかかりそう。まあ、当たり前ですね。件の動画のようにきれいには泳げません。ハギトモさんは容姿も泳ぎもきれいですね。


ちなみに、IPAの元動画はこちらにあります。水泳だけじゃなくていろんな分野の動画が。
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz2/list.html

id:came8244
これがブクマ取るのが許せん 2011/05/25

おっしゃる通り。