読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

住む場所が変わると距離感が合わない

引っ越しておよそ1週間が経過しました。いま、住んでいるところは、何回か飲みに来ていた場所でもあるので、全く知らない場所ではないのですが、それでも住んでみると、まだまだ慣れないことが多いのです。


とりわけ、まだ合わないと思うのは、距離感です。


いま、住んでいる場所は周囲は住宅やマンションが多いところですが、商店街も飲み屋も多いという街で、いずれにせよ比較的小規模な敷地に建物が建っています。僕が住んでいるマンションも1フロア3戸しかありません。歩いて1分と離れていないところに喫茶店や飲食店もあります。5分も歩けばいくつもお店があります。


どこかに食べに行く時には地図で場所を調べますが、このとき地図で見た距離で、歩くと結構時間がかかるんじゃないかと思ってしまうのです。


というのも、以前住んでいたマンションは一棟あたり150〜200戸が入居する大規模なマンションで、しかも1つの敷地内に3棟建っていましたので、マンションの敷地だけでも広かったのです。ゴミを捨てるのに敷地内の公園を横切って2分ほど歩かなければならない、マンションの敷地を出るのに3分ぐらいかかるという場所でした。しかも周りのマンションも同様で、その他、大駐車場を備えたホームセンターがありました。このホームセンターまで歩いて5分ほどでしたが、その時間のほとんどはマンションの敷地内とホームセンターの敷地内を歩くためにかかった時間でした。この他、歩いて5分のところにスーパーも駅もコンビニもありましたが、3分以上歩かないとマンションの敷地を出れないので、何をするにも億劫になっていた部分があります。


そういう場所から、建物が密集する地域へ引っ越したので、ちょっと外へ出るだけでも、実際の距離より遠く感じてしまうのです。この辺は時間の経過と共に慣れていくのでしょう。


思えば、実家は最寄りの駅まで2km近く離れています。歩くと20分ぐらいかかり、その間は田んぼと住宅でお店は少ししかありません。歩くとものすごく遠く感じるのですが、今の家から20分も歩くと、栄・矢場町の3つのデパートは全て行くことができてしまう。その間もお店が多いからウィンドウショッピングしながら歩いて行ってもいい。そんなに苦にならない。たぶん自転車を使うだろうけど。

人間の感覚なんていいかげんなものですね。