溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

亜鹿猪~珍

このブログであまり書かないメシ物を。

いつもお世話になっている女子大(栄4丁目)の亜鹿猪~珍さんで。

パクチーのナムル
f:id:tessy3:20160622000410j:plain

ニョークスペークダオ(カンボジアのサラダ)
f:id:tessy3:20160622000423j:plain

鶏挽き肉とスイートバジルの混ぜご飯(混ぜる前)
f:id:tessy3:20160622000444j:plain

同、混ぜた後。
f:id:tessy3:20160622000503j:plain

いつも満席で、ここ2回ほどフられましたが、今日は空いてました。いつもおいしいです。ごちそうさま。

manacaのポイント制度について調べてみた

2011年2月、つまり来月から名古屋の公営交通や私鉄などで導入予定のICカードサービスmanaca(マナカ)はポイント制度があるらしいということなので調べてみた。

名鉄電車

利用回数と運賃それぞれについてポイントがつき、1ポイント=1円で1000円ごとにチャージ券が発行される。利用回数と利用料金それぞれのポイント付与は以下のとおり。

1ヶ月間の利用回数に関するポイント還元

1ヶ月間の利用回数に応じて、1ヶ月間の総支払運賃に対して、以下の割合で還元される。

利用回数 付与率
0回〜10回 0%
11回〜40回 3%
41回以上 6%
1ヶ月間の運賃に関するポイント還元

1ヶ月間の支払運賃に対して、以下の割合で還元される。

利用金額 付与率
0円〜2,000円の部分 0%
2,001円〜5,000円の部分 2%
5,001円〜10,000円の部分 4%
10,001円〜20,000円の部分 6%
20,001円以上の部分 8%
計算例

これだけではわからないので、自分の場合を例にとって、計算してみる。とりあえず1ヶ月に以下の回数だけ利用したとする。

運賃区間 往復数 乗車回数 利用金額合計
180円区間 10 20 3600
220円区間 3 6 1320
合計 13 26 4920

このとき、

  • 乗車回数26回に関する付与率3%なので、4920*3%=147pt(端数切り捨て)
  • 利用運賃に関する付与率2,001円以上5,000円以下に対して2%なので、(4920-2000)*2%=58pt(端数切り捨て)

したがって、58+147=205pt=205円となる。これは支払運賃の約4.2%となる。

名鉄バス

1ヶ月の支払運賃に対して2%のポイント付与があり、以下のキリのよいところでボーナスポイントがつく。

支払運賃 ボーナスポイント
2,000円 +50p
5,000円 +100p
10,000円 +150p

これを見るとわかるように、支払運賃が5,000円ぴったりのときと10,000円ぴったりのときが実質ポイント付与率が高い(5%)。ついで2,000円のときが4.5%となる。ちなみに4,999円(そんなことはありえないけど)のときは3%。4,900円以上5,000円未満の利用額なら、1区間でももう1回乗ったほうが得だ。

名古屋市営地下鉄・名古屋市バス

こちらは、利用運賃でポイント付与率が決まる。
平日の朝・夕については以下のとおり。

市バス・地下鉄の
1か月間の利用金額合計
(大人用)
市バス・地下鉄の
1か月間の利用金額合計
(小児用・割引用)
ポイント率
15,000円以上 7,500円以上 13%
10,000円以上15,000円未満 5,000円以上7,500円未満 12.5%
5,000円以上10,000円未満 2,500円以上5,000円未満 12%
2,000円以上5,000円未満 1,000円以上2,500円未満 10%

平日の昼間、土日休日ダイヤの日については以下のとおり。

区分 1か月間の利用金額合計
(大人用)
1か月間の利用金額合計
(小児用・割引用)
ポイント率
市バス 2,000円以上 1,000円以上 30%
地下鉄 2,000円以上 1,000円以上 20%

一見、よさそうな還元率に見えるが、落とし穴はある。

(注)利用金額合計は1,000円(小児用および割引用は500円)単位とし、1,000円(小児用および割引用は500円)未満の端数は(平日朝夕の場合は)切り捨てます。(平日昼間・土日休日ダイヤの日については)通常ポイントの対象となる利用金額に合算します。また、利用金額合計が2,000円(小児用および割引用は1,000円)未満の場合も同様です。

つまり平日朝夕については1ヶ月の利用金額が2,999円ならば、2,000円*10%=200ptしかつかないので、ポイント付与率は約6.7%にまで落ちる。


平日昼間、土日休日ダイヤでも1ヶ月の市バス利用金額が2,999円ならば、2,000円*20%=400ptしかつかないので、ポイント付与率は約13.3%となる。


また、平日朝夕と平日昼間、土日休日が別のポイント計算になることに注意が必要だろう。とは言え、名鉄よりはポイント付与率は全般的に高い。

現行のSFパノラマカードやユリカ、回数券との比較

現在、名古屋市交通局名鉄電車、バスには共通仕様のプリペイドカードシステムであるトランパス、カード名はSFパノラマカード名鉄)やユリカ(名古屋市交通局)がある。これは昔懐かしい東京のパスネットや関西のスルっとKansaiの名古屋版なのだけど、パスネットやスルっとKansaiと違うのは購入額以上の金額分の利用ができるのである。
1,000円のテレホンカードが1,050円分の通話ができたように。電車の回数カードのような扱いだったのだ。僕が知っている範囲で言うと大阪市交通局の地下鉄・市バスの共通回数カードが確か3,000円カードで3,300円分使えた記憶がある。このSFパノラマカードやユリカ、および回数券の利用可能金額を整理してみる。

カードの種類 購入金額 電車・バス利用可能金額 割増率(ポイント付与率)
1,000円カード 1,000円 1,000円分 0%
2,000円カード 2,000円 2,200円分 10%
5,000円カード 5,000円 5,600円分 12%
昼間割引カード
(地下鉄のみ、平日昼間・土日休日)
2,000円 2,200円 20%
回数券 10枚分 11枚分 10%

manacaは得なのか?

ショッピング利用のポイント付与率がどうなるかはわからないが、現行のプリペイドカードと比較すると明らかなように、結論から言うと、おそらく損だろう。遠距離通勤の人で、通勤定期を利用している人にとっては、定期券よりも安くなるケースがあるかもしれないという程度じゃないかと思う。


僕の場合は、名鉄に関してはほぼ180円区間か220円区間しか乗らない。市バス・地下鉄についても1ヶ月に10回も乗らないし、乗るとしても市バス200円か地下鉄230円区間に乗るだけだ。そう考えると、manacaを買うよりは、2012年2月29日までのトランパスの利用期限までは、5,000円カードを買い占めて使い続ける方が得だと思う。ちなみに回数券は現在、名鉄のみで発行しているが、それも2012年2月29日で発売を終了する。回数券の利用期限は3ヶ月なので、終了日までに向こう3ヶ月分に使用するであろう区間の回数券を買い占めておくのが賢い。

もしmanacaに移行するとしたら、その条件は?

もしmanacaの方が得かもしれないケースがあるとすると、ショッピングポイント、および2012年度以降に予定されている他のICカードシステムとの相互利用によるポイント付与だろう。


このうちショッピングポイントについては、既に僕はEdySuicaで買物をしているし、クレジットが使えるところではほとんどカード払いをしている。したがって、manacaがよほど便利にならない限り、もしくは現行のクレジットカードのポイント還元率がありえないほど下がらない限りはmanacaでショッピングをすることはなさそうだ。
もう一つの他のICカードシステムとの相互利用だが、上述のように僕はSuicaを保有している。これは東京やつくばへ出張する際に使用しているカードで、それも自動改札機でのオートチャージに対応したビックカメラSuicaカードである。ポイント付与率は当初の1%から0.5%に下がってしまったので、付与率のメリットはなくなってしまったけど、もともとSuicaはポイント還元がない上、プリチャージしなくても使えるので、首都圏の電車、および名古屋でのJR利用にはSuicaを使っている。もしmanacaSuicaPasmoと連携し、SuicaPasmo区域での利用金額が、名鉄もしくは地下鉄と合算してポイント付与されるのならば、manacaに転向してもいいかもしれない。合算せずに相互利用区域の利用金額には別途、ポイント付与率が適用されるのならば、移行コストに対するメリットは薄いので、manacaは使わないだろうな。それでなくてもパスケースに2枚ICカードを入れると、改札機で反応してくれないから。

千代田近辺散策

 天気がいいので、どこか出かけようっつーことで、そろそろ街乗り用自転車を買い換えたいなと思ったので、吹上から千代田に移転した自転車店Circlesに行くことにした。
 日曜日の営業は午後からなので、まずはカフェで腹ごしらえをすることにした。
 行ったのは、ヌンクヌスク
 ここは4月に立ち上げる相方の事務所、エイトデザインの道を挟んで向かい側にある。
 ここのランチはパンとフライドポテトがおかわり自由となっており、お値段以上にたっぷり食べられた。
 このヌンクヌスクを出たあと、道の向こう側に何やら面白そうなお店が見えたので、Circlesに行く前に寄ってみた。
 お店はCLOVERという名前で、どうやら古着屋さんのようだ。
 古着は大学時代にはよく着ていたが、社会人になって全く着なくなっていた。
 でも古着自体が嫌になったわけでもないので、久しぶりに入ってみた。
 メンズ、レディース共あるようだが、全体的にメンズ中心のようである。
 モスグリーンの薄手の上着のよさそうなものが2つあったので、試着した上で1つを購入した。
 相方も興味を持ったのか、新会社のショップカードを置いてもらうことにした。店員さんも興味を持ったらしく、いろいろ話をした上で、今度(相方が)ご近所さんになるということで、ちょっとまけてもらった。ありがとう。
 

 次にCirclesに向かった。
 今の街乗り用の自転車は以前、ロードバイクが盗難にあった際に急場しのぎで購入した自転車だ。
 通信販売で買ったのだが、今ひとつ色が気に入らなかったり、ディレイラーが安物だったりしたので愛着が湧かない。ただ、非常に使い勝手がいいので、ほとんどこの自転車で行動しているのだ。
 この自転車に乗って3年以上経つので、いいものがあれば買い替えようと思っていた。
 Circlesはピストが中心になっているので、以前はあまり興味がなかった。しかし、ロードバイクのスローライドで遅筋トレーニングを3ヶ月:スローライドで心肺機能もアップする?によると高ギア比で低ケイデンス(回転数)で持久力が上がる(心拍数が下がる)という検証結果が出たのを見て、最近は重いギアしか使っていない。そのため、もうシングルホイールでもいいかと思い始めた。そこでCirclesに行くということが浮かんだのだ。
 行ってみると、想像以上に自転車のパーツやグッズが充実していて、かつ洒落ていた。
 店員さんと話をしながら、いまカスタマイズしている自転車も見せてもらいつつ、新しく1台作るよりは、オーバーホールがてら、フレームをそのままにして、スプロケットやチェーン、ホイールなどを入れ替え、さらに塗装をしなおすことで新しい自転車に再生させる案が浮かんだ。相方も今の自転車をリニューアルしたいとのことなので、再生プランを練って、来週再度自転車を持っていくことにしようと思う。

 今日は、Circlesのガレージの軒先でカフェを営業していたようなので、そこでコーヒーをいただいてから、もう一つの用事先の神宮前に行ってから帰宅した。
 神宮前の商店街の中に、一つ異質な古着屋さん、Speechというお店があり、会社からの帰宅途中、いつも気になりながらもお店に入る勇気がなかったのだが、先程のCLOVERのブログによると、Speechは先輩のお店らしい。
 こんど、Speechにも行ってみよう。


 帰宅後は、仕事をする相方の代わりに晩ご飯を作った。その様子はこちらで。サンバルとラッサム

イオンモール新瑞橋は3月9日オープン

 当初の計画から大幅に遅れて、3月9日にイオンモール新瑞橋がオープンします。
 住友電工の工場跡地で、住宅街に建てられるということで、土壌汚染やら周辺住民の反対などで工事が頓挫してしまい、そのうちリーマン・ショックの影響か、テナントが集まらなかったので、名古屋市に提出されていた届け出では昨年の夏にオープン(それでも予定から遅れていた)するはずだったのが結局、3月に。
 噂されていたシネコンもできず、どうなることやらと思ったのですが、見たところユニクロ、無印良品、ライトオンが入るようですね。ライトオン、無印良品はこの辺にはなかったのでいいと思います。ただし無印良品は店舗面積が問題です。名鉄百貨店のように店舗が狭くメンズアパレルが少ないと使い勝手が悪くなりますから。
 特に行くこともないであろう外食も世界の山ちゃん、串家物語が入るようです。完全に飲み屋さんじゃないですか(山ちゃんはテイクアウトのようですが)。回転寿しのもりもり寿司やペッパーランチも。
 あとは、LUSHが入るので、夫婦で愛用しているドリームクリームの補充を矢場町まで行かなくても、新瑞橋でできるようになるのはいいですね。
 自宅からは歩いていける距離ではありませんが、自転車ならば10分ほどで着きますし、雨の日でもイオン熱田とは違い、電車で行けないこともないので、イオン熱田より少し便利かもしれません。専門店に関しては競合というよりは補完関係だと思うので、目的によって使い分けということになるでしょうね。
 公式のプレスリリースはこちらのPDF
 ニュースではイオンモール/名古屋市南区にイオンモール新瑞橋、3月9日オープン - 流通ニュースで。

イオンモール新瑞橋は核店舗のサティ(1〜2階部分)と約130店舗の専門店からなり、2階には無印良品と未来屋書店、3階にはユニクロが入居する。敷地面積は約5万3000m2、建物延床面積は約10万1000m2、店舗面積は約2万4000m2

神宮近辺に新しくバーができていた

 熱田神宮の北、地下鉄神宮西駅から国道19号を北に歩いたところに新しくバーができていた。
 うなぎの大和田のすぐ北側の国道19号沿い。
 
 その名も「神宮BAR」営業時間は17:00〜翌3:00


 場所柄、商店街でもなくビジネス街でもなく下町の住宅街なので、どれぐらい客がいるのかよくわからない。どちらかというと夜は真っ暗に近い状態になるので、どれぐらい客が入るのかわからないけど、一度行ってみようと思う。
 神宮近辺はいくつかバーがあるようなんだけど、まだ行ってないお店の方が多いので、いろいろ行きたいと思う。
 場所はだいたいここ。Googleストリートビューではまだ貸し店舗の状態になっている。

BLANC PAIN

 BLANC PAINとは名古屋に引っ越したら、是非行ってみたかったパン屋さん。どっちの料理ショーで見て以来、この店のクロワッサンを食べたかったのです。バイクがあれば、引っ越してすぐにでも行きたいところでしたが、自転車しかないので行くのが億劫になってました。しかし、昨晩思い立って、がんばって自転車で行くことにしました。
 八事から先へ自転車で行ったことがなかったので、多少不安でしたが、案の定、かなりの坂道です。しかし、神戸のように1−3でないと上がれないほどの急坂ではないので、マイペースで進んで、結局家から30分で着きました。
 早速、クロワッサンとりんごとくるみのデニッシュ、そしてアイスコーヒーを注文して、店内で食べることにしました。店内は喫茶スペースが5テーブルほどありますが、空きは1つしかありません。あとは家族連れや近所のお姉さん方で埋められています。場所柄品の良さそうな人達ばっかりだ。(僕はTシャツ、7分丈のパンツにキャップを被ってました)
 クロワッサンは、結構大きめで、外はサクサク、中はもっちりしていて、甘い香りのバターが美味しいのです。他のクロワッサンと比較すると、もっちり感と中の空洞が際立っているように思いました。デニッシュも、同じようにサクサクしていて、りんごとくるみの相性も抜群です。
 アイスコーヒーは、残念ながらちょっと薄いように感じました。メニューを見てみると、神戸萩原珈琲の豆を使っているとのことです。私も萩原珈琲から豆を買っているので、わかるのですが、萩原のブレンド豆は他社のブレンドに比べて味が濃くなるようにしている(店の人曰く、サントスニブラが中心のようです)のです。神戸の人が濃い珈琲が好きなためであって、名古屋の人はそこまで濃い珈琲を好まないので、薄くしているのかもしれません。アイスコーヒーを頼んだせいかもしれません。次に行ったときには、ホットを頼んでみて確かめたいと思います。

パン屋さん

 昨日の朝、ナイスなパン屋さんを見つけた。僕のナイス基準とは、生地がサクサクということなのだが。
 店の名前を覚えてないし、そもそも写真も撮ってないので、続報は後日ということでご勘弁。
今日もパン屋に寄ろうと思ったんだけど、台風で雨が降るというので、自転車通勤を断念して、今日は電車で来たんだよね。
・・・でも、まだ雨は降ってない。

追記

 このお店は今ではすっかり有名になってしまった、プーフレカンテのことです。