読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

Evernoteプレミアムを続けるかどうか

毎年恒例の年度末の繁忙期はどうにかこうにか抜けましたが、今年も3月の労働時間は370時間ほどになりました。

去年4月からEvernoteプレミアムを年間プランで使っており、今月の9日に更新を迎えますが、更新を迷っているところであります。Evernoteプレミアムの価格と機能は、というと、
evernote.com
ここに書いてあるわけですが、

  • 複数のプラットフォームでノートを利用
  • Web ページや画像を保存
  • 画像内テキスト検索
  • ノートを共有&チャット
  • モバイル版アプリにロックを追加
  • 月60MBまで
  • 2台の端末で同期(Web版は無制限)

(ここまでは標準機能)

  • ノートをオフラインで使用
  • メールを Evernote に転送
  • サポートのメール対応
  • 月1GBまで
  • すべての端末で同期

(ここまではプラスの機能)

  • サポートの優先対応
  • PDF 内の文字を検索
  • Office 文書の中を検索
  • PDF に注釈を挿入
  • 名刺をスキャンしてデジタル化
  • ノートをプレゼンテーションに即変換
  • ノートの履歴を閲覧
  • 関連するノートや記事を閲覧
  • 月10GBまで

(ここまでがプレミアムの機能)
これだけあります。このうちサポートのメール対応より上はEvernoteプラスの機能でもあります。

プラス、プレミアムの機能を一つ一つ見ていくと、

ノートをオフライン使用

スマートフォンでオンラインにすればよいので不要。

メールを Evernote に転送

使ったことない。メールはGmailのまま残しておくし、Gmail(Inbox)でリマインダー設定するので、Evernoteで行う必要性がない。

サポートのメール対応、サポートの優先対応

使ったことないし、これからも使わない。

PDF 内の文字を検索

これは結構重要。収集した資料をEvernoteに放り込んでおいて、あとで全文検索でひっかけるのに便利。資料をスキャンして作ったPDFでも検索してくれる。OCRの精度が比較的高いと思う。
EvernoteからOneNoteへ移行しようと思って、OneNoteにもEvernoteのノートをコピーしてみたけど、OneNoteではうまく検索できず、使い物にならなかった。
USBメモリにもほとんどの資料があるので、USBメモリ上でMacのSpotlightから検索することもできなくはないのだけど、必要なときにしかUSBメモリを差さないのでSpotlightでうまくインデックスできず検索できない。職場では既に更新の止まっているGoogle Desktopを使っているが、検索に関してはEvernoteで検索したほうが精度が高いと思う。

Office 文書の中を検索

これもPDF同様重要。仕事が進行中の文書は随時更新していくので、Evernoteのような保管サービスよりは、オンラインストレージの方がよいとは思うが、Evernoteほどの検索性はないと思う。

PDF に注釈を挿入

これは便利な機能だけど、PDFのデスクトップアプリで注釈を挿入することが多いので、個人的には不要な機能である。

名刺をスキャンしてデジタル化

これも便利なんだけど、読み取り精度や情報の仕分けはCAMCARDの方が精度が高いので、Evernoteでは使っていない。

ノートをプレゼンテーションに即変換

Evernoteでプレゼンしないので不要。

ノートの履歴を閲覧

使ったことはないが、ファイルの履歴は欲しい機能である。Evernote上で必要かと言われると疑問だが、Dropboxのバージョン履歴と復元機能は欲しい。
www.dropbox.com

関連するノートや記事を閲覧

ああ、こんなのあったねと思い出に浸るならいいけど、これが欲しいわけではない。


こうやって見てくると、欲しいのはファイルの検索機能である。特にいまだに進行中である仕事は、24個のPDFから関連する記述内容を検索するということを行っているので、複数のOffice文書を串刺しで検索できる機能は欲しいところである。乗り換え先のつもりだったOneNoteはこれがうまくできない上、メモの位置がノート内で自由に変えられるので、案外使いづらかった。ノートで下書きしても、それをWordに変換できることもないので、結局、Evernoteのメモ機能と同様に書式付きテキストの機能しかいらない。

プレミアムの料金は年間で5,200円のはずだが、iTunes Storeでは年間4,000円となっている。1,200円が決定的な差を生むわけではないけど、OneNoteが資料保管庫として機能しないので、今のところはEvernoteプレミアムを継続する方向に心が傾いている。タイムリミットはあと3日。さてどうする。