読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

時間をお金で買う

仕事柄、時間をお金に換算することにすごく敏感になっているので、日常生活でもついつい考えてしまう。

例えば、家で晩御飯を作る場合、ご飯を炊こうとすると、洗米と炊飯で50分ぐらいはかかってしまう。更に浸水30分を追加すると、80分はかかる。だから調理にそれぐらいの時間をかけるのでなければ、いっそパックのご飯を買ってきてしまった方が早い。材料費で言うと、米の品種にもよるが、普通の米は1食50円ぐらいかかる。一方、パックのご飯は新潟の有名メーカーの商品でもスーパーマーケットで5個500円ぐらいで売っているので、1食100円程度で済む。それこそ玄関開けたら2分でご飯なので、例えば20分ぐらいでおかずを拵えることができれば、30分の節約のために50円を支払っているということになる。

今日の晩御飯はあったまるものを食べたかったのでスーパーで味噌煮込みうどんを買って食べた。味噌煮込みうどんはお湯さえ沸けば、10分でできてしまうので、ごはんも買い置きしてあったパックのご飯で済ませた。

移動のときにも、時間をお金で買うことが往々にしてある。逆にお金を時間で買うこともある(お金をケチる代わりに時間をかけてる)。仕事で移動する場合は、会社の経費なので遠慮なく新幹線を使うが、自腹となると、時間とお金を天秤にかけてしまう。特に名古屋から大阪へ行くときがそうである。 JRと近鉄、新幹線と在来線、特急と急行でかなり時間もお金も変わる。おおよそまとめてみるとこんなところか。

行き方 経路 時間 運賃 1時間あたり本数 備考
のぞみ 名古屋ー新大阪ー大阪 \6,550 1時間2分 4本 正規の切符
ひかり・こだま 名古屋ー新大阪ー大阪 \4,200 1時間2分〜15分 2本 ひかり早特きっぷ
新快速 名古屋ー大阪 \3,100ぐらい 2時間45分 2本 チケット屋
近鉄アーバンライナー 名古屋ー大阪難波 \3,350 2時間7分 1本 乗車券は株主乗車券
近鉄急行 名古屋ー伊勢中川ー大阪難波 \1,500 3時間14分 1本 株主乗車券
高速バス 名古屋ー梅田 \3,000 2時間50分 少ない

圧倒的に安いのは近鉄の株主乗車券利用。コストパフォーマンスがいいのは新幹線のひかり早特きっぷ利用。特に名古屋・新大阪間はのぞみとこだまの時間差が少ないので、こだまを選ぶことのロスが少ない。実際は1時間に3本あるのだが、こだまとひかりの発車時刻が近いので、実質的には2本分である。

新快速利用は青春18きっぷが使える時期に日帰りする場合にはお得だが、それ以外の時期はそれほど効率的でもない。高速バスの方がやや得だが、渋滞で遅延リスクがあるので、個人的には使おうとは思わない。

近鉄の急行乗り継ぎは何回かやっている。読書の時間に充てられるので、腰が痛くならなければ、それほど苦痛でもない。が、さすがに時間がもったいないので、もうやらないかなー。