読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

最近はiPhoneのKindleアプリで本を読んでいる

iPhone

ここんとこ、ずっと忙しくしていて、本を読む時間がとれないんですが、それでもちょっと欲しい本があったので、4冊ほどKindleで買っておいたのです。


Kindle本はiPadで読むようにしているのですが、iPadは最近、妻に使ってもらっており、自分では使っていない状態でした。まあ、4月以降、時間が作れたときに読めばいいかと思って。


そんな中、一応iPhoneにもKindleアプリは入れてあるので、ちょっとした合間、例えば仕事中にトイレに行ったときや、仕事での移動、それも新幹線を使った移動じゃなく、JRの快速なんかに乗った移動で、座れないときにiPhoneで読み始めたんです。


iPhoneですから、ひとつの画面で表示される文字数は少ないです。その分、速読がしやすいので、一画面で表示される内容はパッと見でだいたい把握して、さくさく次へ進んで行けます。もともとiPhoneは左手の片手フリックで使っているので、Kindleで読むときも左手だけ使って、さくさく読み進めます。


実際、これぐらいの大きさで読んでます。

f:id:tessy3:20150329145058j:plain:w320



移動中や家に帰って、ご飯を食べて寝るまでの30分や寝床に入ってから、ちょこちょこ読んでいたら、4冊のうち3冊は3日ぐらいで読めてしまいました。


いままで、電子書籍iPadの大きな画面じゃないと読めないと思い込んでいましたが、iPhoneで十分でした。


むしろ、片手でさっと読める方が重要でした。


ただ、このままiPhoneでずっと読書をすると、バックライトの影響で目が疲れそうです。ですから、e-inkを採用して目にやさしい、Kindleを買ったほうがいいのか、ということになってきます。


Kindleはいろんなバージョンがありますが、大きさはだいたい同じで縦17cm、横12cm、厚さ1cm弱というところのようです。


Kindle Paperwhite Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Paperwhite Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル


ディスプレイサイズが6イントですので、スマートフォンで比較してみると、いま使っているiPhone5Sと比べて縦が4.5cm、横が6cm(倍以上)、厚みが3mmほど増えそうです。iPad Air(初代)からは縦横とも3分の2ぐらいになりそうです。


読むだけなので、片手で読めそうですが、この大きさだとポケットに入らないので、常にポケットに入れて持ちあるく、文庫本のような使い方はできないのかなという気がします。


当面、iPhoneで読書をし続けてみようと思います。


Kindleはいいんですけど、さすがにPDFはこのサイズではなかなか読みづらいものがあります。


f:id:tessy3:20150329145117j:plain:w320


でも画面を横にして、印字領域だけ拡大すれば、十分読めますね。なんとか片手で操作できます。


f:id:tessy3:20150329145145j:plain