読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

初代iPadを仕事で使う方法を考えてみる

iPad Mac

今日は恒例の休日出勤で、朝、宅急便の荷物を会社で受け取ってから今日の仕事をするつもりだったけど、まだ僕が会社に来ていない8時半に宅急便が来やがったものだから荷物が受け取れず、再配達が昼になると言ってるものだから、その間仕事にならないので、ちょっとブログでも書いてみようかと。

うちは未だに初代iPadを使っているのだけど、もともとモバイルノート代わりに仕事でも使えないかと思って買った経緯がある。だから仕事でも使わないともったいないなと思っている。

僕がPCを使ってする仕事と言えば、資料読みと資料作成と分析計算である。
このうち資料読みはオフィス文書やPDFがGoodReaderなどで読める。分析計算は正直ツールがないので諦めているし、そもそもiPadでやる必要もない。あとは資料作成ということになるけれど、WordやPowerpointIllustratorの形式のファイルがちゃんと扱えて、かつDropboxで連携してくれるアプリはないので、資料を作るというよりも、その下書きのメモを作るという程度のことしかできない。メモということで言うと、文字だけならば、Dropboxへの保存機能があって、かつ編集にATOK Padを使えるメモアプリならなんでもいいので、Draftpadかtextforceを使えばいい。あとは絵の下書きなんだけど、ベクターデータで、かつDropboxへのエクスポート機能がありそうな図形作成ツールに何があるかわからんのだよ。new.drawというアプリは直感的に図が書けて、かつPDF形式やSVG形式で書き出しができてよさそうだったんだけど、Dropbox連携ができないようで、そこが困った。iTunes経由で取り出すとなると、仕事じゃ使えないんだよな。

iDrawInkpadだと、PDF形式やSVG形式でDropboxへのエクスポートができるようだけど、InkpadはiPad2からの対応らしいし、iDrawは初代ではかなり重くなるらしいので、初代iPadで書くのはテキストだけにしておいた方が無難かな。