読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

ピアノの練習を始めた

いきなり何かというタイトルですが、そういうことで。
きっかけは、突然、我が家にこんなものが送られてきたことにあります。


相方が7月に友達の結婚式の披露宴の余興として、大学の同級生達とテレビの「情熱大陸」のテーマを演奏することになったのだそうな。

その中で楽器経験のない相方はボンゴを演奏することになったわけです。同級生の中に音楽をやっている人がいて、彼が編曲を行った譜面とボンゴのパートを抜き出したmidiファイルが送られてきて、これで練習せよと。

日々苦しんでいる相方を横目にのほほんとしているのもなんなので、誰にも頼まれてないけれど、ぼくもちょっとやってみようかなということで、打楽器以外のパートをやることにしました。

んで、選んだのはピアノ。バイオリンをやるのがかっこいいでしょうけど、そもそも音が出ないと話にならないので、叩けば音が出る楽器にしました。

とは言え、自宅にピアノを置く場所もなければ、ピアノをかき鳴らして近所迷惑になるのも困るし、そんな高価なものを買って、全然使わないってんじゃ話にならないよねということで、初心者用キーボードを買うことにしました。

楽器と言えばヤマハだろうと思ったのですが、初心者用の価格帯は音域が狭いものばっかりだったので、カシオのCTK-2200というモデルを買いました。5オクターブ分で約11,000円ぐらい。これならば買っても惜しくない。

CASIO 電子キーボード 61標準鍵 ベーシックタイプ ブラック/シルバー CTK-2200

CASIO 電子キーボード 61標準鍵 ベーシックタイプ ブラック/シルバー CTK-2200

だいたいこんな感じだそうです。

届いてみると、鍵盤を叩くときの力の入れ具合は、ピアノとエレクトーンの中間ぐらいのような感じがしました。入門としては悪くない。子供の習い事もいきなりピアノ買うんじゃなくて、こういうのを買って始める方が敷居が低くていいんじゃないかと思いました。

鍵盤楽器に触るのはエレクトーンを習っていた小学生のとき以来です。
これで、情熱大陸の譜面でいきなり練習し始めたわけですが、さて弾けるようになるのかどうか。
(結果報告しません)