読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

春の遠足〜大井川鐵道の旅

年始から年度末までずっと忙しくしていたので、GWの予定が全く立てられなかったせいで、このGWはどこにも出かける予定をしてなかったところに、相方から電車に乗って駅弁が食べたいと言われたので、日帰りで行ける場所ということで、静岡県の大井川鐵道へ乗りに行くことにしました。

大井川鐵道の起点の金谷駅


乗る電車。近鉄のお下がりのようです。


とりあえず駅弁、そしてビール。


1時間ちょっとで終点の千頭駅に到着。
南海電車のお古が居ます。


SLも止まってました。


ここからが今日の本題の大井川鐵道井川線。小さな列車です。


車内もちっちゃい。遊園地の列車並み。ここまで小さいのは初めてじゃないかな。


山間を縫うようにして走ります。窓は全開!新緑が気持ちいい。








途中でアプト式(歯車で噛みあわせる)を繋げます。




どうやってたどり着くのはわからないような秘境駅も。


終点の井川に着きました。



どれぐらい列車が小さいかというと、上の写真のレール幅と、最初から2枚目の写真のレール幅は『同じ』なんですよ。規格外の小ささといい、ホームの低さといい、日本の鉄道じゃないみたい。世界の車窓からに出てきてもおかしくない。*1


20分ほどで引き返します。おやつの時間なので、ここでも弁当。

しいたけ丼。

静岡といえばおでん。黒はんぺんありました。肉っぽいものはガツです。


天気もよく、お客さんも多かったけど、混んでいるというほどのものでもなく、ちょうどいい小旅行でした。

*1:もっとも森林鉄道などを中心に50年前の日本ではこのような鉄道はけっこうあったのですが