読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

大須にアジアンカレー専門店「グナグナカリーカフェ」−フェス屋台から実店舗へ - サカエ経済新聞

アジアレストランで修業し、その後世界中を旅して料理を探求していた大岩さんが作るカレーは、「辛すぎず、子どもから年配の方まで楽しんでもらえる味」だという。使っている米は浅野さんの実家で作っているという岐阜産の米『ハツシモ』にタイの香り米を混ぜて使っているという。

 主なメニューは、エビスープカリー(730円)、チキンとペパーミントの「ブナブルガカリー」、鶏とタケノコのタイカリー、季節の野菜カリー(以上630円)など。テークアウトは50円引き。そのほか、アジアの瓶ビールやオリジナルのチャイ(300円)、自家製サングリア(400円)、ラッシー(300円)などのドリンク類もそろえる。

 「フェスでファンになってくれた方も多く、店にも足を運んでくださる」と浅野さん。「この場所でカレーをきっかけに、いろんな分野の人たちがつながる店になれば。とにかくみんなが楽しく集える場所にしていきたい」と大岩さん。ゆくゆくは2階のスペースを使ってイベントなども開く予定だという。

 営業時間は11時〜20時30分。水曜、第1・3木曜定休。


最近、大須にできたスリランカカレーの店の評判が悪いのに比べると、これは期待できるなあ。閉店が早いので平日に行けそうにないのがちょっと難点だわ。