読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

2,000円安く浮かすために2週間かけてAmazon.comから買物をした

注文していたヘッドセットが昨日届いた。ゼンハイザーのCX680iというモデル。


日本のアマゾンで9,980円する商品です。アップルストアでも売っていまして、やはり9,980円します。

もともと海外の商品だから、アメリカで買って送ってもらえばもっと安くつくんじゃねー?と思って、アメリカのアマゾンを探してみると、61.13ドル(およそ4700円)で売ってました。Amazon.com: Sennheiser Adidas CX 680i Sports Headset: Electronics(ちなみに今は値段が変わっています)

日本のクレジットカードを使うと、5.6ドルのチャージがかかるようですが、それでも日本円で5,300円ほどで買えるということで、さっそく購入しようとしました。

ところが、この商品はアメリカ国内にしか発送できませんと言われます。さて、困ったなと言うところで、ふとKindleを見ていたところ、通信販売の購入代行業者というのがありましたので、そちらに登録して、日本に転送してもらうことにしました。

個人輸入・転送サービスのスピアネットというサービスです。

ここに登録すると、アメリカ国内にあるスピアネットの自分の宅配ボックスの私書箱が住所という形で登録されます。*****の部分が僕のIDであり、私書箱の番号(アメリカの住所ではマンションの部屋番号のことを指すようです)となります。

448 HESTER ST # *****
SAN LEANDRO, CA 94577-1024
United States

アメリカのアマゾンには上の住所で送ってもらって、スピアネットで通関手続をしてもらい、日本へ発送してもらいます。今回の商品では、送料が22ドル、転送手数料が9ドル、占めて31ドル(およそ2,400円)ほどになりました。

10月5日にアマゾンで注文し、スピアネットからの発送が12日、そして我が家に届いたのは昨日でしたので、2週間ほどで届いたことになります。日本で買うよりも2,000円ほど安く済みました。

今回は急ぎではなかったので、2週間の間待つのは何の問題もなかったけど、急ぎの商品なら少々高くても日本で買った方がいいですね。

この商品は代行業者を使う必要がありましたけど、一般の書籍やKindle(Fireじゃないやつ)は、アメリカのアマゾンから直接買えますので、モノによってはもう少し安く買えるかもしれませんよ。