読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

「あとで読む」サービスのメール投稿での機能比較

Web

TwitterでURLが紹介されているときに、その場で時間がないときや、保存しておきたいURLは「あとで読む(Read it Later)」系のサービス上に保存しておいて、後でまとめて読むようにしている。


iPhoneアプリの場合は、InstapaperRead it Laterと連携しているアプリが多いので、URLのリンクをInstapaperやRead it Laterに登録してしまえばいいのだけど、PC上のアプリだとこのような登録機能はMac用、Windows用とも見られない。


そこで、InstapaperやRead it Laterのメール投稿機能を使って登録してみたのですが、この両者では機能が少々異なるので比較してみた。

Instapaper Read it Later 参考:はてなブックマーク
メールのタイトル 記事タイトルに反映 無視 無視
記事タイトルの自動取得 する (メールのタイトルが空欄のとき) しない する
複数URLの投稿 最初のURLのみ反映 全てのURLが反映 最初のURLのみ反映


つまり、こういうことになる。

  • InstapaperはURLさえ送れば、タイトルは勝手につけてくれる。でも1通ずつ送らないといけない。(はてなブックマークも同様)
  • Read it Laterは複数のURLをまとめて登録できるけれども、タイトルはWeb上でつけ直さなければならない。


1通1通送る必要があるという手間はかかるものの、Instapaperに送る方がよさそうだ。*1 *2



Outlook Expressならばテンプレートをショートカットとして保存できるので、ちょっと楽かも。3つのプロセスかな。

  1. ショートカット起動
  2. URL貼り付け
  3. 送信


僕はThunderbirdを常用しているので、ちょっと手間。

  1. Thunderbirdに切り替え
  2. テンプレートフォルダを開く
  3. テンプレートを開く
  4. URL貼り付け
  5. 送信


Thunderbirdでスッと送信する方法はないもんですかねー。

*1:あとでRSSリーダーなどで読むために、URLさえ登録しておけばよければ、はてなブックマークへ[あとで読む]のタグをつけて送ってもよいと思う

*2:実際のところは、URLを開いてブックマークレットでInstapaperやRead it Laterに保存した方が速いと思う