読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出る加齢臭

カレー臭に加え加齢臭が溢れ出る年齢になりました。

これに金を惜しんだらダメってもの

質の高いものを使うことによる満足度を別にすれば、価格と耐久性のトレードオフの問題に帰着する。

高いけれど長持ちするのでトータルで見ると安くつくっていうのは、それはそれでいいんだけど、耐久性っていうのはリスク事象であり、個体によって、また置かれている状況や出来事によって容易に変化しうるもので、普通に使っていれば長持ちする良質なものであっても、それがダメになってしまうリスクは常にある。そもそも自分の使い方が「普通」かどうかわからないし。


僕は基本的にリスクを負うことは、そのメリットがリスクを上回らない限りは避けたいので、何かに金を惜しまないっていうのはない。


高いものを買うといいのだろうなと思うのは、靴。


見た目がどうというよりも、人間を支える一番大切な部分で、靴が足に合わないと体調がおかしくなってしまうから、足にフィットしたいい靴を買うということは、自分の健康に投資していることになると思う。
とりわけ僕は昔、足を骨折した経験から、普通の人と足がちょっと違うので、靴に投資するのは大切なんだろう。
しかしながら自分が靴に投資できないのは、その足のせいで、具体的には骨折した足の方に、左右の長さを調整するための中敷きを入れているからだ。
この中敷きがある限りは、たとえオーダーで買った靴だとしても中敷きのおかげで、その靴の良さは半減してしまうだろうから。


もう一つ、日頃の生活を支えるものとしては寝具があると思うんだけど、家屋事情や生活スタイルからいって、僕にとっては寝具は完全な消耗品なので、敷き布団に関しては、高いふとんを買うよりも安いふとんをどんどん買い換えた方がいい。
ダブル羽毛布団を使っていたこともあるけれど、良さを感じたのは買って1年ぐらいのもので、あとは普通のふとんと変わらないか、普通のふとん以上にぺしゃんこになって、最後は寝るたびに腰や背中を痛めた。


VIPPERな俺:これに金を惜しんだらダメってもの